一生に一度、大切な想いを伝えるためのダイヤモンド、「Proposal Diamond」。

手のひらに収まるサイズの小さな白い箱。その中央で、一粒のダイヤモンドがきらめきます。

サプライズでスマートに渡せる、ポケットに忍ばせておけるサイズ感にこだわりながら、男性の想いを最大限に伝えられるよう、デザインや箱を開けた時の仕掛けにもこだわった「Proposal Diamond」を、私たちHASUNAのスタッフも特別な気持ちでお客様にお届けしています。

実際にプロポーズをなさった方から嬉しいご報告をいただいたり、婚約指輪のオーダーにお二人そろってご来店いただいた時は、私たちにとって何よりうれしい瞬間です。

ずっと待っていた言葉を受け取った喜びでいっぱいの女性と、少し安心したような男性の笑顔を拝見すると、やはりプロポーズは素晴らしいものだなと改めて思います。

さて、プロポーズ専用のダイヤモンドとして2014年5月に誕生したHASUNAの「Proposal Diamond」。2017年7月にパッケージのリニューアルを行いました。
今年8月には、東京・表参道で開催されたウェディングアイテムやゲストアイテムの展示会「Marche for Wedding」でお披露目。

HASUNAの婚約指輪や結婚指輪、ブライダルジュエリーを展示する中で特に女性の心を掴んだのが、この「Proposal Diamond」でした。

「ダイヤモンドの婚約指輪を贈られてプロポーズされたい」という憧れ。その一方で女性が抱く「彼は私の指のサイズを知っているかな…」「私の好みを知っているかな…」という少しの心配。

小箱を開けると現れる、きらめくダイヤモンド…そんな憧れのプロポーズと、好みのデザインと自分にぴったりのサイズで指輪をオーダーできる、「Proposal Diamond」は女性が抱く望みを全て叶えてくれる、という点がとても喜ばれたようです。

女性たちに好評の、この「Proposal Diamond」。
しかしながら、贈る側の男性にはピンと来ない点があるかもしれません。

そもそもなぜ、プロポーズに指輪を贈るのでしょうか?そして、どうしてダイヤモンドなのでしょうか?

結婚や結婚式に関する調査・研究を行うブライダル総研のレポート※では、婚約指輪について約53%の人が「昔から憧れていた」と回答しています。また、婚約指輪の素材は、約93%が「ダイヤモンド」と回答しています。

このように結婚する多くの人たちが婚約指輪に憧れ、ダイヤモンドの指輪を贈る背景には、実は婚約、そして指輪の長い歴史と、ダイヤモンドという宝石そのものの美しい物語があるのです。

婚約指輪、そしてダイヤモンドにまつわる物語を、これから数回に分けて紐解いていきたいと思います。

※ゼクシィ 結婚トレンド調査2016調べ