こんにちは。HASUNA広報の児玉です。

いよいよ2017年も残りわずかとなりました。

12月は一年の締めくくりの月でもあります。
この時期にご結婚がお決まりになる方も多いのではないでしょうか。

今日は、HASUNAで新たにご結婚指輪をご検討いただいている方に
改めてHASUNAというブランドのご紹介をさせていただきたいと思います。

***

HASUNAは、2009年に設立されたブランドで、2018年には9年目を迎えます。
元々は、2008年に代表白木夏子が知人の依頼を受けてフルオーダーのブライダルリングを制作したことがスタート。
HASUNAはファッションジュエリーも展開していますが、
実は、ブライダルリングがブランドスタートのきっかけなのです。

2008年、白木は知人のために”エシカル”な素材を使ったブライダルリングを制作しました。

そのため、HASUNAで作られるブライダルリングにはブランド設立時から変わらぬ”エシカル”という要素が大切にされています。

”エシカル”とは英語で直訳すると「倫理的な、道徳的な」という意味。
一般的にものづくりにおいては、その素材の生産地や労働者、社会、自然へ配慮されている製品に対しエシカルな製品として表現されています。

フェアマインド認証ゴールド


HASUNAでは、素材の透明性を重視し、自然環境や労働環境に配慮して採掘されたカナダ産、ロシア産のダイヤモンドや、
フェアマインド認証を取得したゴールド、リサイクルゴールドなどを使用しブライダルリングを制作しています。

大切な想いを伝え、未来へと絆を結んでいくブライダルリング。
身につける人はもちろんのこと、その素材の背景に関わる人をも幸せにするブライダルリングこそが、おふたりを真に幸せにするはず- そう考えるからです。

もちろんHASUNAでブライダルリングをご成約いただく方の中には、様々なきっかけでブランドをご存知いただく方がいらっしゃいます。

ブランドのことは最初まったくご存じなく、デザインやブランドイメージをお気に召してご来店いただき、
最終的に私たちの考え方に共感いただきご成約いただくケースもございます。

様々な価値観をお持ちの方たちの選択肢の一つとして、HASUNAというブランドをお選びいただけることをとても嬉しく思います。

***

HASUNAを象徴するデザインの一つ、MR24&MR25。
男性用にはユーラシア大陸、女性用にはアメリカ大陸を描き、ふたつを合わせると地球が完成します。
ふたりの広い視野と自由な心を象徴するマリッジリングです。

「ふたりでひとつの世界になる-」

おふたりだけが持つ世界観であったり、おふたりがそろうことによって始まる新たな人生という旅を象徴するようなデザイン。
揺るぎない絆を象徴するデザインです。

<掲載商品>
MR24・MR25

2017年12月31日までブライダルフェアを開催中(表参道本店は12月30日まで)。
マリッジリングの内側にスリランカ産のサファイア、またはメレダイヤモンドを無料でセッティングいたします。
>>ブライダルフェアについてはこちら
(フェアは終了いたしました)

HASUNAのブライダル専用Webサイト「HASUNA bridal store」では
HASUNAのコンセプトや、ブライダルリングの全デザインをご覧いただけます。
ぜひご参考になさってください。

表参道本店は、年内は12月30日18:00までご予約を承ります。
そのほか、年末年始の営業のご案内については、以下をご覧ください。
>>年末年始の営業のご案内

皆様のご来店、お問合せを心よりお待ちしております。